どっちがいいの?ニベアの妊娠線クリームとベルタマザークリームの違いを比較してみた!

ニベアの妊娠線クリームとベルタマザークリームの違いを比較してみた!

ベルタ9
妊娠線を作らないためには、お腹が大きくなる前から、しっかり保湿ケアして肌を柔らかくして、皮膚のノビを良くしてあげることが大切といわれています。

 

妊娠線予防のケア用品として、妊娠線専用のクリーム・ローション・オイルが数多く販売されていますが、正直そうお安いものではありませんよね。

 

これから赤ちゃんの物も色々そろえなくてはならないし、何かと入用な時期だけに出来るだけ出費は控えたい。1本(1か月分)数千円する妊娠線クリームはちょっと…という方もいるのではないでしょうか。

 

そんな方達に人気なのが、妊娠線専用ではありませんが、妊娠線予防に効果が高いウワサの「ニベア青缶」です。

 

今回は、妊娠線予防クリームにニベア青缶は効果があるのか?人気のベルタマザークリームと成分の比較をしてみました!ぜひ参考にしてくださいね。

 

ニベア青缶の成分について

とある情報では、「高級クリームとほぼ同じ成分!」と話題になったことがあるニベアクリーム(青缶)なんですよ。

 

含まれる成分にはどのようなものがあるのか見てみましょう。

 

 

?
ミネラルオイル・ワセリン 石油から精製された鉱物油
グリセリン 保湿成分
水添ポリイソブテン 水素を添加した炭化水素油
シクロメチコン シリコーンオイルの一種
マイクロクリスタリンワックス ワセリンから分離して精製された固形のオイル
ラノリンアルコール 脂肪族アルコールの混合物からできたオイル
パラフィン 石油から精製された固形オイル
スクワラン 肝油を元に作られたオイル
ホホバ油 ホホバの種子から作られたオイル
オレイン酸デシル 植物油から精製された油性成分
オクチルドデカノール 高級アルコール
ジステアリン酸アルミニウム 増粘剤
ステアリン酸マグネシウム 高級脂肪酸の粉末分散剤
硫酸マグネシウム 硫酸とマグネシウムの塩
クエン酸 柑橘系の果実などに含まれる酸味成分
安息香酸ナトリウム 防腐剤
香料  

 

人気のホホバ油(オイル)も入っています。その他には油分成分が多い印象です。

 

ニベア青缶には妊娠線を予防する成分は配合されているのか?

その中でも妊娠線予防に効果的であるといわれる5つの成分はこちら。

 

ミネラルオイル・ワセリン 肌の表面に膜を作るので、乾燥などから守ってくれる。
グリセリン 保湿効果と角質層の水分量が増える作用で、皮膚に潤いを与える。
ラノリンアルコール 保水性や保護作用があり、肌の乾燥を防ぐ。
スクワラン 被膜を張り、水分を逃さない作用があるので、乾燥するのを防ぐ。
ホホバ油 高い保湿効果で、乾燥した肌に油分を与え、水分の蒸発を防ぐ。
クエン酸 収れん作用があり、肌を引き締める。

 

ニベア青缶には妊娠線を予防する効果はあるの?

ニベアクリーム(青缶)は、妊娠線予防を前提として作られているものではありません。

 

毎日ニベアクリーム(青缶)を使用していても、妊娠線ができてしまったという方もいます。

 

しかし、ニベアクリーム(青缶)の成分の中にある、ミネラルオイルやワセリンなどのオイル成分は、肌の表面を保護するように膜を張ります。

 

それにより乾燥を防ぎ、肌を保湿してくれる効果があります。

 

さらに、ホホバ油は人間の皮膚とほぼ同じ成分が含まれ、浸透力に優れています。

 

その浸透力の高さで、ホホバ油に含まれるビタミン群が真皮まで浸透し、肌を柔らかくしてくれるので、妊娠線予防にも繋がります。

 

乾燥を防ぎ、保湿を高めることが妊娠線の予防にもなるので、ニベアクリーム(青缶)に配合されている成分は、妊娠線予防にも期待できそうです。

 

もちろん、日々のケアが大切なので、毎日数回塗ることを継続していくことが重要です。

 

ニベア青缶には妊娠線を消す効果はあるの?

ニベアクリーム(青缶)は、妊娠線を消す効果は謳っていません。

 

そして妊娠線は、一度できると自力で消すことは難しいといわれています。

 

しかし、ホホバ油の豊富なビタミン類が浸透することが、真皮の亀裂である妊娠線の修復に役立つといわれています。
産後のマッサージで、より薄くすることができるかもしれません。

 

ニベア青缶を妊娠線予防に使う時の注意点

通常使用するときも、妊娠線予防に使用するときも、注意しなければいけないことはあります。

 

  • 肌に湿疹やできもの、傷などがあるところには使用しない。
  • 使用中に腫れやかゆみ、白斑や黒ずみなどの異常などが出た場合は皮膚科で相談しましょう。

 

気になる赤みなどが出たときは使用を中止し、皮膚科を受診しましょう。

 

成分で注意しなければならないもの

ミネラルオイルやワセリンは肌に浸透しないので、表面に膜のように残ります。
なので、毛穴が詰まり、肌トラブルを招く可能性もあります。

 

つけすぎや、長時間落とさない状態は避けましょう。

 

 

そもそも、妊娠線予防にニベア青缶は効くのか?口コミや体験談

 

ニベア青缶は国民的クリームといっても過言ではないほど、長年愛され続けるロングセラークリーム。子供からお年寄りまでダレもが安心して使える肌に優しいクリームですよね。

 

また、数年前から、セレブ御用達クリームと言われる、NASAが開発した「ドゥ・ラ・メール」と成分が極似していると話題になり、益々注目度がアップしてきていますが、そのニベア青缶が妊娠線予防に効果がある、という話をご存知でしょうか?

 

ネットをはじめ、雑誌などでも「妊娠線予防にニベア青缶は効くのか?ニベア青缶で大丈夫か?」といった記事を見かけることがありますが、総評としては、保湿力が高いので予防効果はあると思うけど、ベルタマザークリームのような妊娠線専用クリームと比べると効果は低い。といったところでしょうか?

 

もちろん、だからといってニベア青缶に妊娠線予防効果が全くない、というわけではなく、実際ニベア青缶を使って妊娠線ゼロで妊娠期を乗り切った、という方もたくさんいらっしゃいます。

 

ですが、ニベアの妊娠線クリームとベルタマザークリームを両方とも試してみた方の口コミや体験談をみてみるとやはり、使用感(ニベアは、夏はいいけど冬場はノビが悪いなど)や保湿の持続性なども含め妊娠線専用であるベルタマザークリームに軍配があがっているようです。

 

 

ニベア青缶の成分は油分が多く配合されている

そこで、ニベアの妊娠線クリームとベルタマザークリームの違いを比較してみました!
ベルタ10
ニベアにも、ワセリン、スクワラン、ホホバ油、ミネラルオイルなど保湿成分はたくさん入っています。ですが、残念なことに油分ばかりで、水分保持力の高い成分は入っていないため、長時間潤いをキープするのは難しそうです。

 

また、香料も入っているので、つわりの激しいときにはニオイが気になるかもしれませんね。

 

一方、ベルタマザークリームはといえば、保湿力の高いスーパーヒアルロン酸や保水性の高いマリンコラーゲンなど保湿効果の高い成分がたくさん入っていますし、妊娠線に実績があり海外の妊娠線スキンケアには、入っていて当たり前になっている濃厚保湿成分(日本での知名度はまだそう高くはありませんが)シラノール誘導体も配合されています。また、無香料、無着色など添加物は一切含まれていません。

 

やはり、成分・添加物を見てみると妊娠線予防クリームとしては、ベルタマザークリームの方が向いている、と言えそうですね。

 

ですが、妊娠初期ならニベア青缶でも十分!という先輩ママさんの口コミも多く寄せられているので、前述の通り、妊娠線は防ぎたいけどあまりお金をかけたくない、という方は妊娠初期には、ニベアを使い、お腹が膨らみ始めてから、ベルタマザークリームを使う、というのもひとつの方法ではないでしょうか。教えます!ベルタのママケア・サポートでどんな悩みを言えば良い?どんな悩みが多いんだろう 事例集