どっちがいいの?ニベアの妊娠線クリームとベルタマザークリームの違いを比較してみた!

ニベアの妊娠線クリームとベルタマザークリームの違いを比較してみた!

ベルタ9

 

 

妊娠線を作らないためには、お腹が大きくなる前から、しっかり保湿ケアして肌を柔らかくそして皮膚のノビを良くしてあげることが大切です。

 

妊娠線を作らないためのケア用品として妊娠線専用のクリームや、ローション、オイルが色々と販売されていますが、正直そうお安いものではありませんよね。

 

これから赤ちゃんの物も色々そろえなくてはならないし、何かと入用な時期だけに出来るだけ出費は控えたい。1本(1か月分)数千円する妊娠線クリームは……という方もいるようですね。

 

そんな方達に人気なのが、妊娠線専用ではありませんが、妊娠線予防に効果が高いと巷で噂の「ニベア青缶」です。

 

ニベア青缶は国民的クリームと言っても過言ではないほど、長年愛され続けるロングセラークリーム。子供からお年寄りまでダレもが安心して使える肌に優しいクリームですよね。また、数年前から、セレブ御用達クリームと言われる、NASAが開発した「ドゥ・ラ・メール」と成分が極似していると話題になり益々注目度がアップしてきていますが、そのニベア青缶が妊娠線予防に効果がある、と言う話をご存知でしょうか?

 

ネットをはじめ、雑誌などでも「妊娠線予防にニベア青缶は効くのか?ニベア青缶で大丈夫か?」といった記事を見かけることがありますが、総評としては、保湿力が高いので予防効果はあると思うけど、ベルタマザークリームのような妊娠線専用クリームと比べると効果は低い。といったところでしょうか?

 

もちろん、だからといってニベア青缶に妊娠線予防効果が全くない、というわけではなく、実際ニベア青缶を使って妊娠線ゼロで妊娠期を乗り切った、という方もたくさんいらっしゃいます。

 

ですが、ニベアの妊娠線クリームとベルタマザークリームを両方とも試してみた方の口コミや体験談をみてみるとやはり、使用感(ニベアは、夏はいいけど冬場はノビが悪いなど)や保湿の持続性なども含め妊娠線専用であるベルタマザークリームに軍配があがっているようです。

 

そこで、ニベアの妊娠線クリームとベルタマザークリームの違いを比較してみました!
ベルタ10
ニベアにも、ワセリン、スクワラン、ホホバ油、ミネラルオイルなど保湿成分はたくさん入っています。ですが、残念なことに油分ばかりで、水分保持力の高い成分は入っていないため、長時間潤いをキープするのは難しそうです。

 

また、香料も入っているので、つわりの激しいときにはニオイが気になるかもしれませんね。

 

一方、ベルタマザークリームはといえば、保湿力の高いスーパーヒアルロン酸や保水性の高いマリンコラーゲンなど保湿効果の高い成分がたくさん入っていますし、妊娠線に実績があり海外の妊娠線スキンケアには、入っていて当たり前になっている濃厚保湿成分(日本での知名度はまだそう高くはありませんが)シラノール誘導体も配合されています。また、無香料、無着色など添加物は一切含まれていません。

 

やはり、成分・添加物を見てみると妊娠線予防クリームとしては、ベルタマザークリームの方が向いている、と言えそうですね。

 

ですが、妊娠初期ならニベア青缶でも十分!という先輩ママさんの口コミも多く寄せられているので、前述の通り、妊娠線は防ぎたいけどあまりお金をかけたくない、という方は妊娠初期には、ニベアを使い、お腹が膨らみ始めてから、ベルタマザークリームを使う、というのもひとつの方法ではないでしょうか。教えます!ベルタのママケア・サポートでどんな悩みを言えば良い?どんな悩みが多いんだろう 事例集