お腹や妊娠線がかゆいときベルタマザークリームは効果あるのか検証!

お腹や妊娠線がかゆいときベルタマザークリームは効果あるのか検証!

ベルタマザークリーム妊娠線かゆい

妊娠すると、お腹やお尻の皮膚がかゆくなることがよくあります。
それは妊娠線(ストレッチマーク)ができる前触れかもしれません。

 

妊娠線は一度できると消えることはないといわれています。

 

できれば産後、妊娠線の無いキレイなお腹でいたい。
妊娠線予防クリームで、かゆみや乾燥・妊娠線も予防できたら嬉しいですよね。

 

ベルタマザークリームは豊富な成分と美容効果で、妊娠線予防に人気のクリームです。
そんなベルタマザークリームの効果を検証してみました。

 

肌がかゆいときは妊娠線ができる前兆!理由とは?

妊娠してから肌の変化が気になる方が多くいらっしゃいます。
胎児に栄養が行ってしまうため、母体の肌の状態も平常時とは変わってくることがあるのです。
ホルモンバランスの変化もあり、顔や体全体が乾燥して、カサカサしてくることもあります。

 

とくに、お腹周りがかゆくなってきたら妊娠線の注意が必要です。

 

その理由や妊娠線のメカニズムをお話ししましょう。

 

妊娠線ができるメカニズムと理由とは?

妊娠期にできる「線状皮膚萎縮症」を妊娠線・ストレッチマークといいます。
簡単にいうと、お腹が大きくなることに皮膚の一部がおいつかず、裂けてしまうことでできる筋です。

 

皮膚の一番外側にある表皮は伸びるのですが、その内側には真皮や皮下組織があり、その一部は伸びにくいので、裂けてしまうのです。
その「裂ける」原因はいくつかあるといわれています。

 

理由@〜妊娠中に増加するグルココルチコイドホルモンの影響〜

妊娠すると、グルココルチコイドホルモンが活性化します。
その影響の一つには、肌のターンオーバーやコラーゲンの生成を抑えるというものがあります。
そのせいで肌の弾力がなくなり、裂けやすくなるのです。

 

理由A〜妊娠中に増加する皮下脂肪の影響〜

妊娠して体重は増えていきます。
胎児や胎盤・羊水など、必要な体重増加は仕方がない事ですが、自分の皮下脂肪が増えることが妊娠線を作ることにつながります。
皮下脂肪が増えると血液の流れが悪くなるので、肌への栄養も行きわたりづらくなります。
それと同時に皮下脂肪分もおなかは大きくなるので、妊娠線発生につながってしまうのです。

 

理由B〜むくみの影響〜

妊娠中にむくみが出ることはよくあります。
しかし、むくむということは、体内の老廃物や水分の循環がうまくできていないことになります。
肌への栄養の循環もうまくいっていない状況になるので、妊娠線発生につながることになります。

 

理由C〜肌の乾燥〜

乾燥肌の方は妊娠線ができやすいと言われています。
上記にあげた栄養不足に加えて、肌が乾燥すると、肌の内側の水分やコラーゲンが足りず、「裂ける」ことにつながります。

 

理由D〜多胎妊娠〜

双子や三つ子など、多胎妊娠の際には一人の妊娠よりお腹が大きく出ることになります。
なので、妊娠線になるリスクは増えます。

 

理由E〜年齢や体格〜

年齢が若いと、正常な肌のターンオーバーや基礎代謝も高く、皮膚や筋肉も柔軟なので、妊娠線のリスクは高齢出産の方より低い傾向にあります。
また、小柄な方はおなかの大きさに皮膚が追い付かない状況になりやすいので、注意が必要です。

 

妊娠線の予防には、栄養と保湿が大切。
そして、一番重要なのは急激な体重増加に気を付けるということですね。

 

ベルタマザークリームは肌や妊娠線がかゆいときに効果があるのか?

ベルタマザークリーム妊娠線に効果があるのか

ベルタマザークリームは赤ちゃんの肌にも使える優しい成分で、乾燥肌や敏感肌にも使えます。

 

カサつく時や、痒みの時に使用すると、症状を緩和することができます。
美容成分など配合された、ベルタマザークリームこだわりの成分と効果を見ていきましょう。

 

ベルタマザークリームの成分と効果は?

ベルタマザークリームに配合された成分や、期待できる効果をご紹介します。

成分 期待できる効果
シラノール誘導体 肌の引き締めや潤いを与える。
コエンザイムQ10 お肌にハリを与える成分です。
ヘスペリジン 肌環境を整え、肌トラブルを防ぐ。
オーガニック5種 カニナバラ ローズヒップの果実から抽出。VA・VC・VE・VPが豊富で肌のハリや潤いを与える。
サンザシ 西洋サンザシの果実より抽出。お肌にハリを与えます。
ノコギリソウ 西洋ノコギリソウから抽出。お肌を引き締めます。
タチジャコウソウ タチジャコウソウの花と葉から抽出。肌のキメを整え、保湿・引き締めを促します。
ローズマリー ローズマリーの葉から抽出。ハリや保湿、透明感を促します。
葉酸 妊娠時に欠かせない葉酸は、お肌の血行促進や引き締めを促します。
スーパーヒアルロン酸 保湿力が通常のヒアルロン酸の約2倍もあり、保湿力・浸透力が高い。
プラセンタエキス 馬プラセンタエキスを使用し、豚プラセンタより約250倍のアミノ酸が含まれる。
コラーゲン 魚から抽出したマリンコラーゲンを使用。保水性が高い。
ビタミン2 アスコルビルグルコシド ビタミンC誘導体で、美白に導く。
トコフェロール 抗酸化作用が高く、肌荒れ防止効果も期待できる。
アミノ酸3 アスパラギン酸 疲労回復や老化防止作用があり、体液のバランス調整に役立つ。
アルギニン 血行促進・疲労回復に効果があるといわれている。
グリシン 抗酸化作用があり、肌や髪・爪の健康を保つ作用がある。

⇒たった500円で試してみる

 

ベルタマザークリームはいつから使う?使用方法

ベルタマザークリーム妊娠線はいつから使う

妊娠線ができやすいといわれているのは、一般的につわりが治まり、食欲が出始め、体重が増えてくる妊娠5〜7か月ころから。
また、妊娠線ができやすいのは、大きくなるお腹周りに加えて、お尻やふともも・バストにもみられます。
妊娠線を予防するための保湿ケアは、できれば痒みが出る前から使用したいものです。

 

ベルタマザークリームの使用方法

ベルタマザークリームは500円玉程度を手に取り、優しく時計回りにゆっくりマッサージします。
そして、下から上・中心から外側にゆっくり優しくマッサージします。
最後に肌を撫でるようにらせんを描きながらマッサージします。
とくにお腹のマッサージは、力を入れず撫でるようにマッサージしましょう。

 

肌が乾燥していると、クリームの吸収が早く、マッサージの途中に滑りが悪くなることがあります。
その際はクリームを足してマッサージしましょう。

 

まとめ

妊娠線は一度できてしまうと、薄くはなるものの、完全に消すことはできないといわれています。
なので、出来てしまう前に予防することが大切になってきます。
ベルタマザークリームは妊娠線予防に効果的な保湿成分や、美容成分が配合されています。
妊娠線予防のため、体重管理や栄養管理に気を付けながら、ベルタマザークリームで十分な潤いを与えてあげましょう。

 

絶対に妊娠線を作らない!ベルタマザークリームを詳しく見る⇒